シェムリアップ空港 オーバーツーリズムで大混雑 入国審査を早く通過する方法

アンコール ワット

スポンサーリンク



年末年始にカンボジアのシェムリアップを旅行しました。
シェムリアップは世界遺産アンコール・ワットでお馴染みの街で、世界中から多くの観光客が訪れます。

いま世界各地でオーバーツーリズムという言葉を聞くようになりましたが、アンコール・ワットも年末年始は多くの観光客で混雑していました。
多くの観光客を受け入れるシェムリアップ国際空港の規模は大きくなく、空港職員の受け入れ許容量を超えてしまうと予想以上の時間を費やしてしまうことになります。

私たち夫婦は事前準備が良かったこともあり、混雑に巻き込まれることなくスムーズに入国できました。
今回は入国審査を早く通過する方法について解説したいと思います。

降機後は入国管理棟までバス移動

降機後は到着ゲートにもよると思いますが、私たちは入国管理棟までバスで移動しました。

さて、私たちはビジネスクラスのすぐ後ろの席を指定していたため、1台目のバスに乗ることが出来ました。
バスも出入口付近に立つことができ、すぐに降りることができました。

2台目のバスになってしまうと、その後の入国審査で大変な待ち時間を要することになると思います。
とても込み合う空港でしたので、出来れば1台目のバスに乗れるよう、飛行機は予約時に前方シートを押さえておきたいところです。

e-VISA事前取得がおススメ

カンボジア入国審査の際、ビザの提示が必要になります。

ビザの取得方法は主に3つあります。
1 現地空港で取得
2 日本の大使館・領事館で取得
3 ネットで取得(e-VISA)

価格的に一番安いのは現地空港でビザを取得する方法です。
みんな値段を重視しているのか、現地でビザ発給をしていました。
そんなこともあり窓口はもの凄い行列が出来ていました。
飛行機が1機到着するだけならよいのですが、複数到着すると空港は完全にマヒしてしまいます。

実は、私たちが搭乗した飛行機はその影響を受けて、空港や天候には何の問題もなかったにも関わらず、
雲の上で約1時間待たされることになりました。

そしてようやく空港到着後に、ビザ取得でさらに待たされるなんて考えたくもありませんよね。
ビザ発給窓口の混雑をみて搭乗客の多くは大きなため息を発していました。

そこで、お勧めしたいのがe-VISAの事前取得です。
出発前にネットで事前発行してもらい、プリントした用紙(ビザ)を2部持って行くだけでOKなのです。

e-VISAを持っていると、降機後すぐに入国審査のe-VISAレーンに並ぶことが出来ます。
私の前に並んでいたのは2人だけでしたので、混雑をよそ目にササっと入国できました。

現地発給とe-VISAの価格差は、わずか6ドルです。

この6ドルを高いと感じるのか、時短代と感じるのかは各人次第だと思いますが、
私は取得しておいてよかったなと感じています。

荷物をプライオリティで受取れるようにしておきたい

入国審査が終わると最後に預入荷物を受け取ります。
大きな空港だとなかなかターンテーブルに荷物が到着しませんが、
小さな空港なので殆ど待つことなく荷物が流れてきます。

入国審査をスムーズに通過できても、出てくる荷物が最後になってしまうと時間を大きくロスしてしまいます。
ビジネスクラスに搭乗するか、航空会社上級会員になっておくことで、荷物は最優先で出てきます。

私たちはビジネスクラス搭乗客と同じタイミングで税関も通過し、同じ飛行機に乗っていた搭乗客のなかでは3番目に空港を出ることができました。
空港にはホテルからのお迎えをお願いしていたので、その20分後にはホテルに到着しています。

現地ビザ取得組は、その頃まだ空港で入国審査等を受けていたのではないかと思います。

まとめ

シェムリアップ空港での入国審査は審査官の個性なのか国民性なのか、搭乗客一人一人にとても時間をかけていました。
私も入国審査を通過するまで長かったですが、後ろに並んでいた妻がなかなか来ないので、トラブルでもあったのかと思い振り返りましたが、何の問題もなく、1人を入国させるだけで2~3分くらいかかっていたような感じがします。

ガイドさん曰く、年末年始のシェムリアップは大混雑するということでしたので、念入りに事前準備しておけば旅行時間を無駄にすることを減らせると思います。
また、1/3辺りからは日本人を含めて観光客が激減していったので、日程をずらすことができるのであればピークの年末年始を避けることで大混雑に巻き込まれる可能性は減少すると思います。

アンコール・ワット、もう一度旅行したい場所ですが、私たちは年末年始は絶対に避けます。




スポンサーリンク