シェラトン香港 ホテル&タワーズ 2017年6月宿泊

SPG系列

スポンサーリンク



特典航空券を利用し香港へ行き、滞在先ホテルは シェラトン香港 ホテル&タワーズへ2泊しました。
シェラトン香港ホテル&タワーズについての情報と実際に宿泊した感想などをまとめてみました。

空港から シェラトン香港 (九龍)へのアクセス

香港国際空港から【シェラトン香港ホテル&タワーズ】へ向かう方法はいくつかあります。

  • 列車 + 無料シャトルバス(九龍駅発)
  • 活力Vigor社のエアポートリムジンバス・エアポートハイヤーサービス
  • タクシー
  • 路線バス

移動コストを抑えたい場合は、路線バスや列車利用になります。
スピード重視ならタクシーやエアポートハイヤーになるでしょう。

今回、私たちはタクシーを利用することにしました。

シェラトン香港までのタクシー料金は

香港のタクシーは色分けがされており、香港島や九龍へ行くためには「赤い」タクシーに乗車する必要があります。

乗車場ではスタッフの方が、ぼったくり被害に遭わないよう、このような用紙を手渡してくれます。

この票から、九龍へは250ドルー320ドルが妥当な料金であることが分かります。

私たちが乗車した際、実際にかかったタクシー料金は下記表のとおりです。

タクシー乗車区間 タクシー料金
空港 → シェラトン香港 300ドル
シェラトン香港 → 空港 279ドル

行きも帰りも、約30分のドライブで快適に目的地へ到着できました。

 

シェラトン香港 ゲストフロア(お部屋)

案内されたお部屋は14Fでした。

廊下もドアもとても落ち着いた雰囲気で高級感があります。

案内されたお部屋は1404です。

内装は淡いクリーム色を基本にミラーなどがところどころに施されていて高級感が漂っています。

お部屋の広さも充分なゆとりがありました。

お部屋の窓からは、手前は工事中で仕方がないですが、高層ビル群が立ち並ぶ香港島を一望することができます。

シェラトン 香港 ハーバービュー

洗面台はガラス張りでお洒落です。

高級感が漂う素敵な空間ですね。

壁面は大理石でバスタブと使いやすいシャワーブースが用意されています。

 

100万ドルの夜景とお酒を楽しめる シェラトン香港18Fスカイラウンジ

夜はホテル18Fにある「スカイラウンジ」で100万ドルの夜景を楽しみながらお酒を戴きました。


青島ビール90HKドル、ミモザ(カクテル)400HKドルと値段は高かったですが、せっかく香港に来たのであれば100万ドルの夜景を眺めながらお酒を嗜みたいですね。

シェラトン香港ホテル&タワーズは素晴らしい立地

「シェラトン香港 ホテル&タワーズ」は、東洋の貴婦人と呼ばれるペニンシュラホテルのすぐ隣に位置する抜群のロケーションです。

ペニンシュラホテルといえば、絶品マンゴープリンが有名です。

ペニンシュラ 香港 マンゴープリン

美味しいマンゴープリンやスイーツをお持ち帰りし、ホテルのお部屋で食べることができるのもシェラトン香港ホテル宿泊のメリットです。

また、現地ツアーに参加する場合、集合場所が九龍ホテルロビーになっていることが多く、こちらのホテルも徒歩3分あればアクセスできます。
私たちが利用した現地ツアーは、2つとも九龍ホテルロビー集合でした。

シェラトン香港ホテル&タワーズは、公共交通機関の尖沙咀駅、スターフェリー乗り場も徒歩でアクセスできる最高の立地です。

MTR(地下鉄)は1駅で香港島に渡ることができます。
香港の景色を眺めたければスターフェリーで渡ることもできます。
マカオに行きたいと思えば香港島へ渡らずに尖沙咀から行くこともできます。

また、バックパッカーの間で、両替の換金レートが良いと言われている重慶大厦(チョンキンマンション)も徒歩1~2分です。
旅慣れていない方は雰囲気が怖くて建物の奥へ入れないかもしれません。
SPG系列ホテルに泊まる人が行くような場所ではないですね・・・(汗)

重慶大厦について書かれているブログ

【香港旅行】悪の巣窟「重慶大厦」激安ホテル内部に潜入! 次々と突き刺さる視線…両替は10メートル違うだけでレート違いすぎ!!

SPG系列の素晴らしいホテルで恩恵を受けたい方はアメックスカードを保有されることをお勧めします。

http://amex.jp/share/ryosoePKTc




スポンサーリンク