【観光】韓国ソウル 世宗大王像

旅行記

スポンサーリンク



韓国ソウル旅行、最終日です。
この日も起きてから予定を組むことになりました。
14時30分にはホテルをチェックアウトするので、無理のない予定です。

9時半 世宗大王像を見学
10時 カフェで朝食
11時 明洞でお土産購入
12時 ロッテデパートでランチ

世宗大王像を見学

ソウルに着いた1日目に空港からのバス車内から金色の像が見えました。
「日本にはない、いかにも外国のような景色」に、時間があれば訪れたいと夫婦共々思っていました。

地下鉄ですぐ行けるようだったので、世宗大王像を見に行くことにしました。

地下鉄の駅を出ると、目の前に金色の世宗大王像が鎮座しています。
大きな道路の中央が広場となっており「光化門広場」と言うそうです。

地下鉄の駅から出て後方を振り返ると、勇ましい銅像が立っています。

豊臣秀吉軍が朝鮮半島に攻め込んだときに、秀吉軍を撃退した李舜臣将軍の像だそうです。
韓国の方にとっては、とても重要な広場であることが分かります。
一応、私たちは観光客なのですが、侵略した側の日本人でもあるのでとても申し訳ない気分になってしまいます。

いつの時代も戦争は嫌です。
手をつなぎ合って世界平和であって欲しいものです。

軍服を着た兵役中の若者でしょうか、世宗大王像と記念撮影していました。

詳しくは分かりませんが、きれいな塔も建っていました。

光化門を見学

「さて、海外の雰囲気も味わえたし、道路を渡って目の前の門はどうする?見る、見ない?」
夫婦で話し合った結果、せっかく目の前にあるから見ておこうということになりました。

この時、私たち夫婦は光化門と景福宮は別の場所に位置し、まったく違うお城を見ているつもりでした。
しかし、日本に帰り調べていると・・・、同じ場所じゃないですか!?

知らないままに光化門を眺めていると、観光客が続々と集まりだし、運よく朝鮮時代の守門軍の交代儀式を再現した王宮守門将交代儀式を見学することが出来ました。

韓国の歴史をきちんと学んでいれば…と思った瞬間でした。

後方にはビルも見え、近代と古来の儀式融合しています。

乗換えを間違い東大門へ

光化門を後にし、地下鉄で乗換えを間違えたため、折角なので東大門で下車することにしました。
東大門でも見たいモノが一つありました。

東京オリンピック競技場問題で話題になったザハ氏の建築物があるんです。

宇宙船のような建物です。

ザハ氏の競技場が出来ていれば、凄い建物だったのでしょうが、予算的に将来は大変なことにもなっていたんでしょうね。

ロッテデパート レストラン街で昼食

お昼はロッテデパートの13Fにあるレストランで昼食を摂ることにしました。

「韓国はピザが美味しかったので、パスタも美味しいのでは?」と気になり、パスタを食べることにしました。

日本のパスタとの違いは、日本のパスタはニンニクの香りがしますが、韓国のパスタはニンニクの香りが殆ど感じられませんでした。
しかし、具材の量が日本では考えられない程たっぷり入っており、食べても食べても貝が減らず、貝好きな私にはピッタリのパスタでした。
とても美味しかったです!

どうも私たち夫婦は、韓国のピザやパスタのほうが日本の物よりも口に合うようです。

まとめ

最終日は予定通りには進みませんでしたが、東大門にも行けて結果オーライでした。

初めてのソウル旅行で分からないことだらけでしたが、充分に楽しむことが出来ました。
今回は移動で地下鉄を多く利用しましたが、日本に帰りソウルの街を実際に地図で再確認すると「徒歩で移動できていたのではないか?」と思われる場所も多々ありました。

次回は、もう少し韓国の歴史などを勉強して行こうと思います。
またハングルがさっぱり分かりませんでしたので、語学もお隣の国ですし、もう少し興味を持って学んでいこうと思います。

ソウル ホテル宿泊記はこちら

ウェスティン 朝鮮ホテル 立地抜群の高級ホテル 2017年4月宿泊




スポンサーリンク