美味しい 香港 グルメ旅 金鐘にある行列必死の飲茶名店 名都酒樓

旅行記

スポンサーリンク



美味しい 香港 グルメ旅 2日目のランチは金鐘にある行列必死の飲茶名店「名都酒樓」にたどり着きました。

オプションツアーで途中解散を申し出たものの、大雨の中、バスを降りた私たち。
すぐ近くにホテルを見つけロビーへ駆け込みました。

「お昼は飲茶を食べたい」と思っており、日本で購入したまっぷるを利用し、雨に濡れずに行ける近くのお店を探しました。

銅鑼湾から地下鉄で2駅、地下鉄出口から徒歩1分の「名都酒樓」が掲載されており、「ここしかない!」とお店選びに迷うことなく向かいました。

名都酒樓| 美味しい 香港 グルメ旅

日本で購入したまっぷるでは「名都酒樓」のことは小さい記事スペースでしか紹介されていなかったのですが、どうやらかなりの名店だったようで、行列が出来ていました。

待っている間、お客さんを観察していましたが、日本人観光客はまったく居ませんでした。
「日本人が多いお店は嫌!」という方にはオススメです。

行きたい方のために、簡単にお店のシステムを解説したいと思います。

システム

①受付で人数を伝え、受付番号入りの用紙をもらいます。
順番はアナウンス(広東語)と電光表示があります。
広東語が分かりませんので、電光表示で確認します。

②順番が来たら、大宴会場のような場所に入ります。
テーブルが沢山並んでいますが、空いている席へのスタッフの誘導はありません。
自身で空いている席を探し、確保する必要があります。

③テーブルは空いていないと思ってください。
私たちは片付けが終わっていない席を陣取り、スタッフに片付けるよう指示しました。
スタッフは快く片付けて、席を準備してくれます。
とにかくスタッフはバタバタと忙しくしていますが、遠慮せず強引に声かけしましょう。

④楽しみの飲茶は争奪戦です。
蒸籠のワゴンが来るのを大人しく待っていても、ワゴンがテーブルに辿り着く前に、すべて横取りされてしまいます。
つまり、ほぼ回ってきません。

⑤テーブルのオーダーシートを持ってGo!
香港人は蒸籠のワゴンを見つけたら、すぐにオーダーシートを持ちワゴンにダッシュです。
もたもたすると、美味しそうな蒸籠を奪われます。
強引に意思表示して蒸籠を注文しましょう。

写真は席のほんの一部分しか映っていませんが、この賑わいようです。

お料理を紹介

料理名は残念ながら分かりません。

ただ、どのお料理も日本にはない独特の風味があり癖になります。

私の胃袋はたまらなく香港に合っているようです。

写真は美味しくなさそうに見えるかもしれませんが、どれも美味しかったです。

名都酒樓へのアクセス

MTR金鐘駅のD出口から出ると、すぐ目の前にあります。
道に迷うことはないと思います。

住所(英語) 4/F., United Centre, 95 Queensway, Central
住所(広東語) 香港中環金鐘道95號統一中心4樓
電話 2865-1988
ホームページ www.heichinrou.com

 

まとめ

初めての香港飲茶で、現地スタイルに戸惑いましたが、スタッフに尋ねたり、周りを観察することで、異文化圏での食事を楽しむことが出来ました。

争奪戦が苦手な方は少し厳しい環境かもしれません。
しかし、人間、考え方が変われば強くなれます。

香港人は名都酒樓でいつでも食べられます。
私たちは旅行をしている今しか食べられません。
遠慮している暇はありません!(笑)

香港人に混ざっての蒸籠争奪戦が、香港旅行で一番楽しい思い出になりました。

゜:*★香港マカオのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

香港ホテル宿泊記はこちら

 

シェラトン香港 ホテル&タワーズ 2017年6月宿泊

海外旅行に最適なクレジットカード

 

このページは日本最大級のアフィリエイトサービス バリューコマースが運営しています。 | ASPのバリューコマース アフィリエイト
アフィリエイト(成果報酬型広告)を始めるなら日本最大級のネットワークを持つバリューコマースで。Yahoo! JAPANをはじめ有名優良広告主が約2,000サイト。多彩な広告やブログパーツ、APIで初心者からビジネス利用者まで安心かつ簡単!アフィリエイトができます。携帯アフィリエイトにも対応。登録・利用・手数料無料!

 




スポンサーリンク